Re: kanon AFTAR STORY'S ( No.4 )
日時: 2008/08/16 19:33
名前: 朱鷺

kanon AFTAR STORY'S
月宮あゆ編
第4話 冬の空の下で誓う君への言葉
祐一サイド

あゆがこの家に来てからもう3年の月日が流れた
もう俺は、大学を卒業するまでに2ヶ月を切っている
今日は1月7日。
そうあゆの誕生日だ!
今年の誕生日は、ちょっと恥ずかしい事をしようと思う。
恥ずかしい事とは、あゆに同棲しようと言うので死ぬほど恥ずかしいのは絶対だ

勿論この事を秋子さんに聞いたら一秒で「了承」を貰えたのだが
話し終わった後に秋子さんが言った言葉は「若いっていいですね」だった
俺が今いる場所は駅前のベンチ・・・
そう、この場所は昔あゆと待ち合わせに使っていた場所だ
しかし

「・・・・遅い」

遅いと言っても俺が早く来過ぎていた為に寒い冬の空の下で凍えている

「祐一く〜ん!!ゼェーゼェー・・・待った?」

「遅いぞ、あゆ」

「祐一くんが早すぎるんだよ〜!!それに待ち合わせの時間まで30分もあるのに〜」

待ち合わせは11時なんだが俺は10時に来ていた

「悪い、悪い。さてとそろそろ行くか?」

呼吸を整えているあゆに尋ねる

「うん!!」

元気一杯の返事だった

あゆサイド

今日は僕の誕生日祐一君のプレゼントは何かな?

「それで、祐一君どこ行くの?」

行き先を知らなかったので聞いてみる

「ん?いろいろ」

「いろいろって具体的にどこ行くの?」

いろいろって言われてどこに行くのかも見当がつかないので聞いてみる

「俺とあゆが今まで行ったところすべてかな?」

え!いっぱい行くんだね
それからの僕達は色んなとこに回った
百花屋でご飯を食べて・・・
屋台でたい焼きを食べたり・・・
駅前にある映画館で映画を見たりして・・・
楽しい時間が過ぎって行って
晩御飯を食べ終わったあと
祐一君が

「なぁ、あゆ誕生日プレゼントだ」

そう言って長方形の形をした小包みを渡された
何だろう?
開けてみると

「天使さんの翼のペンダント・・・」

長方形の形をしたペンダントは天使さんの翼をモチ
ーフにした形だった
だけど

「祐一君この天使さんの翼・・・片方しかないよ?」

祐一君は照れながら首からペンダントを出した

「ペアルックだぞあゆ」

そう言ってペンダントを近づけた
天使さんの翼が1つになったよ
まだこのペンダントに秘密があるらしいんだけど祐一君がそっと言った

「裏を見てみろ」
裏?裏には・・・
文字が書いてあった。これは・・・
――1/7 HOWEVER――と

「祐一君。これって・・・」
真っ赤になりながら祐一君に尋ねると祐一君も真っ赤になって言ってくる

「さてと、最後の場所に行くぞ!」
最後の場所?

「ねぇ、祐一君。最後の場所って・・・」

「いいから、早く行くぞ」
そう言って僕の手を取って歩き始める
歩いていく場所は・・・
そう、11年前にもなるけれどこの場所は・・・

「あゆ、ここは俺が過ちを犯した場所だ」
祐一君の過ち・・・・
でも祐一君の過ちは僕の過ちでもあるよ。この場所は

「けどな、過ちを犯したけれどここに誓いを立てようと思う」

「誓い?」
祐一君に聞く

「ああ、ここで過ちを犯したの乗り越えるために誓いを立てるんだ」
誓い?

「俺、相沢祐一はどんな時も月宮あゆの傍に居続ける事と愛し続ける事を誓います」

祐一君それって・・・

「あゆはこの誓いをおれと共に立ててくれるか?」
僕は静かに頷いてこう言った

「僕・・・私、月宮あゆはどんな時も相沢祐一君の傍に居続ける事と愛し続ける事を誓います」

祐一君は僕を抱き寄せて耳元で囁いた

「なぁ、あゆ。大学を卒業したら一緒に暮らさないか?それでその生活が2年以上続いたら結婚しよう」

え!!いきなりプロポーズ?
でも僕の答えは決まっていたからこう答える

「・・・・・はい!!」

祐一君は僕の体を離して右手を取った

「じゃあ、それまで右手で我慢してくれ」

そう言って指輪をはめた

「これは?」
もしかして・・・・

「そう婚約指輪だ」
ええ〜!!

「しかも、これはガーネットじゃないか!!」

「えっ!知ってたのか?」

勿論だよ。僕は女のこだからね

「うん、一月の誕生石・・・意味は変わらない思い」

どうしよう・・・すごく嬉しい

「結婚する時にはもう少しいい物買うぞ」

ううん、僕はこれで十分だよ

「いや、僕はこれで十分だよ。ありがとう祐一君」

こんな誕生日をしてくれてありがとう

「ねぇ祐一君こんな僕だけどよろしくお願いします」

祐一君は微笑みながら

「ああ、こちらこそよろしくお願いします」
そう言って優しくキスをした

今までの誕生日よりこんなに嬉しい物はなかったよ
ありがとう祐一君

「絶対に幸せになろうね!!」

「勿論だ!!」
本当に幸せな日々が続くといいな

後書き
すいませ〜ん
何故か成功作を消してしまいました
だからだいぶ変になってしまいました
しかも何故か二つあったので一個消したら
成功作がけえたんですよ〜
本当にごめんなさい!!
いつまでも悔やんではいけないので本題に入ります
もうそろそろあゆ編が終ります・・・
どうか遠い目で見守ってください
それでは