このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
トップページ > 記事閲覧
黒に堕ちる偉大なる魔術師 続編
日時: 2006/07/28 10:11
名前: 氷瀬 浩

アハトさん設定の私作「黒に堕ちる偉大なる魔術師」の続編をアハト氏が書く!!
という事になりまして、その続編のネタを二つのパターンから選んぶという話になりました。

一つは、ガルガンチュワに乗り込んだ大河とリリィの前に恭也とミュリエルが立ち塞がる。
そして明かされる恭也の真の目的……。
そして繰り広げられる母娘の戦い。
親から一人の女へと変わったミュリエルにどう立ち向かうかリリィ!!

という感じで、まさに続きって所ですね。
で、もう一つが。

今だ起動していないガルガンチュワへと戻ってきた3人。
それを迎え入れるのはかつての仲間、ロベリア。
そしてかつての同僚、ダウニー。
ミュリエルが破滅に入る条件として提示したのは……。
ロベリアとの一騎打ちだった。
恭也の語る未来に自分の居場所を作るため、ミュリエルが戦う!

という訳で、本当にあの話のすぐ後です。
私が完全に端折った部分ともいえます。
どちらを読みたいか、ご意見をお願いします。
前者を1番、後者を2番とします。
期限は、8月12日(土)までです。
ではでは。
メンテ

Page: 1 |

Re: 黒に堕ちる偉大なる魔術師 続編 ( No.1 )
日時: 2006/07/22 17:41
名前: 味塩和尚

 はじめまして、アハト氏。
 私は、1番を推させて頂きます。
 なぜなら、このルートならリコやルビナスとかの
 他の救世主候補達も話に絡めると思われるからです。

……ミュリエルVSルビナスの口喧嘩も見てみたいと言うのが本音ですが
メンテ
Re: 黒に堕ちる偉大なる魔術師 続編 ( No.2 )
日時: 2006/07/22 18:09
名前: kaede

どちらかといえば私も1です。
本音は両方なんですが。
ミュリエルVSリリィで魔法対決とか口喧嘩とか読みたいですし。
他のメンバーとの絡みが気になります。
メンテ
Re: 黒に堕ちる偉大なる魔術師 続編 ( No.3 )
日時: 2006/07/22 22:11
名前: 眞紗斗
参照: http://hp.kutikomi.net/sakura39mirai/

自分も1を希望します。理由はやはり救世主候補たちも絡む可能性が高そうですし、ミュリエルVSリリィの親子対決を見たいからですね
メンテ
Re: 黒に堕ちる偉大なる魔術師 続編 ( No.4 )
日時: 2006/07/23 07:14
名前: りょう

自分も1がいいです。
やはり、とらハとDUELのクロスものなら救世主候補が出ないと・・・。
恭也の真の目的も気になります。
メンテ
Re: 黒に堕ちる偉大なる魔術師 続編 ( No.5 )
日時: 2006/07/24 00:17
名前: 黒冬

儂も1番ですね。ミュリエル、リリィの親子対決が見たいです。破滅同士よりも破滅対救世主の方がDUELって感じがしますし。

てかぶっちゃけ両方読みたいですが。大変でしょうしね〜。
メンテ
Re: 黒に堕ちる偉大なる魔術師 続編 ( No.6 )
日時: 2006/07/24 20:40
名前: かっぱ

1がいいです。
救世主候補との絡みを見てみたいですね。
メンテ
Re: 黒に堕ちる偉大なる魔術師  ( No.7 )
日時: 2006/07/25 08:24
名前: テン

悩んだ結果自分は2です。
本編にはなかったイムニティとロベリアとの絡みが見たい!
メンテ
Re: 黒に堕ちる偉大なる魔術師 続編 ( No.8 )
日時: 2006/07/28 17:51
名前: 天那

1番を希望します。

ミュリエルとリリィの親子対決ですし
それに大河たち、救世主候補生も出ますので
メンテ
Re: 黒に堕ちる偉大なる魔術師 続編 ( No.9 )
日時: 2006/07/28 18:37
名前: 影月 七彩

両方で・・・・・・と言って氏を困らせたい気もしますが(ぇ、一番をお願いします。

恭也が必要悪をやるのはカッコいいですよw
自分も書きたい気がします←先に書きかけのをかけよ、と一人突っ込み
メンテ
Re: 黒に堕ちる偉大なる魔術師 続編 ( No.10 )
日時: 2006/08/08 18:26
名前: Igrene

1番を希望します。
ミュリエルとリリィの親子対決見たいですしねー
でもロベリアとの対決も見てみたいですねー
メンテ
Re: 黒に堕ちる偉大なる魔術師 続編 ( No.11 )
日時: 2006/08/14 23:18
名前: アハト

え〜、2日前に投票期間は終わっていたのに気付いておりませんでした(汗
申し訳ありません。
投票の結果は1番となりました。
気長にお待ちください。
では。
メンテ

Page: 1 |