トップページ > 記事閲覧
リリカルリバースなスレ
日時: 2007/09/02 12:36
名前: 綾斗

掲示板での回答以外にも、スレが流れないようにできるこっちにも一部書き込んでおくことにします。
と、言ってもごく基本的な話で突っ込んだ話はしません。
ほぼリバースのオリジナルな部分についてつらつらーと書いていきますね。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |

不破恭也の基本データ ( No.1 )
日時: 2007/09/02 12:55
名前: 綾斗

不破恭也(ガルム、八神恭也他アバター共通)

・デバイス
[CARIBURN]
二刀のマルチデバイス。インテリジェントからユニゾンへの過渡期のようなデバイスでユニゾンよりの性質を持つ。管制人格は「明星(あきほ)」
完全に恭也専用に設計・製作がなされているため他の人間は触ることもできない。むしろ、他の人間には暴れ馬同然で御することもできない。
特徴的な機能を有しているがそれはまだ秘密。

[ADLER]
ユニゾンデバイス。融合型のメリットである魔導士との融合による魔力の管制・制御により、他のデバイス形式を遥かに凌駕する感応速度と魔力量を実現する。管制人格は「胡蝶(こちょう)」
ベルカ戦争参戦直前に譲渡され、このユニゾンデバイスによって恭也は戦闘スタイルを完成させた。
明星とは姉妹になるが、まだまだ出来の悪い妹にケチをつけてばかりの怖いお姉さま。表に出てこないのは、必要がないからとのこと。

・スタイル
基本は近接戦闘に特化しながら、並の砲撃魔法を寄せ付けない超射程の魔力斬撃による超攻撃型。
機動性・運動性にも優れ、防御しないのではなく必要がない。魔法は魔力斬撃以外には小型の物質を魔力で加速して打ち出す射撃魔法や基本的な防御や補助魔法以外は使用できない。
メンテ
リバース的御神流 ( No.2 )
日時: 2007/09/02 14:18
名前: 綾斗

『永全不動八門一派・御神真刀流小太刀二刀術』
リバースでは御神真刀流の中の小太刀二刀術です。御神真刀流は本来、打刀・野太刀・槍・杖・某・長巻などほぼ全ての武器術と体術を扱う総合武術。他にも暗器や水練、馬術などなど何でもやってます。
恭也たちの不破家はこれらをほんとんどやっていましたが、御神家には小太刀二刀術がメインで伝わることになります。
恭也はこれに自分で外国や他流の技を取り入れることで更に発展させています。しかも膝を壊していないので、原作の晶やレンが相手なら素手でもあしらえます。

御神流の構成は「基本三形」と「奥義六芸」。
浸透剄を刀で行う『徹』
精密な身体操作で切断する『斬』
相手の死角を多角的に認識する『貫』
この三形を常に行使できるようになって、御神流の中伝です。美由希はまだ中伝です。

メンテ
奥義六芸の1 ( No.3 )
日時: 2007/09/02 14:19
名前: 綾斗

『奥義六芸』は名前の通り六つの奥義から構成されます。
“奥義之壱・虎切”―――【ジークルーデ】
二刀を基本とする御神流の中で一刀のみで行う抜刀術。
間合いを一息で詰めながら“斬”と“貫”を用いて対象を切断する。
詰めるための歩法によっては凄まじい射程を発揮することで意表をつき、間合いを惑わす。
『御神流』では“虎切”からの体術を重視。
『御神流・裏』では“虎切”から二刀目を更に抜刀する“虎切氷霧”――【ゲンドゥル】、鋼糸を以って縛糸・切断する“虎切煙霧”――【ヘルフィヨトル】の派生技が二種ある。

“奥義之弐・伏龍”―――【ゲルヒルデ】
剣技よりも歩法と間合いの極みに達した奥義。
人体の骨格・筋肉の限界値を超えて有り得ない機動、姿勢からの攻撃を行う。
奥義六芸の中で唯一派生技がない。正確には派生技から成り立つ技である。

“奥義之参・射抜”―――【ヴァルトラウテ】
変幻自在の派生技を絡めた高速刺突の連撃。
二刀の利点を以って高速の刺突からもう一刀の追撃が伸びて仕留める。
小太刀本来の刺突の速さに加え、“神速”を併用することで必殺となる。
その殺傷力の高さから『御神流』ではまず使用されない。
『御神流』では三つ目の刺突を繰り出す“射抜氷雨”―【ゲイレルル】が派生技としてある。
『御神流・裏』では刺突の勢いから小太刀を投擲射出する“射抜涙雨”――【ゲイルスケグル】、凌がれた直後に諸手と全身のバネで繰り出す“射抜驟雨”――【レギンレイヴ】、回避された場合に全方位への薙ぎへ移行する“射抜風花”――【フリスト】がある。

メンテ
奥義六芸の2 ( No.4 )
日時: 2007/09/02 14:19
名前: 綾斗

“奥義之肆・雷徹”―――【グリムゲルデ】
二刀を以って徹を二つ(四)同時に重ねる(主に)斬撃。
対象に二刀で同時に打ち込み徹を重ねることで徹の破壊力を二乗させる。
防御されても武器の破壊や身体の一部破壊も行う。同時斬撃のために貫を極める必要がある。
『御神流』では“雷徹”が刺突であれば“雷徹熱雷”――【スルーズ】、密着状態であれば“雷徹界雷”――【フレック】としている。
『御神流・裏』では一刀片手だけで“雷徹”を発現させ、それを二刀重ねる“雷徹渦雷”――【グルヴェイグ】がある。

“奥義之伍・花菱”―――【ヘルムヴィーゲ】
“虎切”の上位技術である小太刀の取り回しの速さを用いた高速連撃。
基本三形を納めた上で一撃に三形を全て発現させる高速連撃を放つ、本当の意味での奥義。
性質上、クロスレンジであることが求められ、全てに三形を発現させるため極めて高度。
『御神流・裏』にのみ、更に鋼糸と飛針の暗器術も並行して繰り出す『花菱雪華』――【ヴァナディース】がある。

“奥義之陸・薙旋”―――【シュヴェルトラウテ】
右から始まる二刀抜刀術を合わせた四連撃。
相手の攻撃・防御を一撃、二撃目の抜刀で崩し、三撃、四撃目で仕留めることを基本とする。
基本三形を高度に応用しつつ、攻撃も防御も無効化する必殺の剣。
『御神流』では非殺傷のために崩した後に体術で無効化する“薙旋彩雲”――【ヘルヴォル】がある。
『御神流・裏』では、薙旋”を抜刀状態から繰り出す“薙旋月虹”――【アルヴィト】がある。
【】はこれを魔法斬撃で行使した際の名前です。
メンテ
御神流の奥義の3 ( No.5 )
日時: 2007/09/02 14:34
名前: 綾斗

御神流奥義之歩法『神速』−−【ロスヴァイセ】

リバース設定では本当に高速移動です。
高速移動をしながら、これを制御するために知覚を引き上げているため、コマ送りの映像になります。ちなみに視覚がモノクロになるのは脳の処理速度を色覚に割かないための苦肉の策で、これはまだ神速を完全に掌握できていない証拠です。
今の恭也でも二段神速までは色がありますが、三段になると色が落ちます。但し、最近では一部の原色だけはついています。
二段神速は神速と違い、更に人体を精密制御することで一分もエネルギーを無駄にせず全身へ伝達する人間の限界点です。
・・・三段神速は、秘密です。明かしてもいいのですが、かなり胡散臭いので。
メンテ
Re: リリカルリバースなスレ ( No.8 )
日時: 2007/09/05 18:39
名前: 綾斗

質問等はもう一個のほうの掲示板にお願いします。

*原作のとらハ3だと、実は虎乱だけが奥義と明言されていないんですよ。少なくとも私の手元のデータではですが。

“御神流中伝・虎乱”
技単体のことではなく、御神流の基本三形を同時に発現できるようになった中伝の域を指す。
基本三形、奥義六芸、虎乱の域、神速の四つが揃って初めて一人前の完成された御神の剣士となる。
メンテ
カーマイン=フォルスマイヤー ( No.10 )
日時: 2007/09/08 10:24
名前: 綾斗

消す方法は右下のレンチみたいなアイコンを押してからメンテナンスへ飛べばできますよー。別に無理をして消さなくてもいいですが。

・カーマイン=フォルスマイヤー

古代魔法文明時代の魔導士。シモーヘイヘ、不破恭也と同じように次元牢へ幽閉されていたところを解放される。
自分の世界を救った『光の救世主』。魔導士としてて神霊魔法と呼ばれるレアスキルを持つ。それだけではなく頭脳も優れ、ロストロギアレベルのデバイスさえも修復・調整してしまうマイスター。本来はベルガーなる人物をベースにした人造人間で、世界を滅ぼす尖兵であったがそれを拒んで戦った。
その後、家族を人質に取られ次元牢へ幽閉される。解放後に自分の家族や恋人どころか、世界そのものがなくなっていたことに絶望。恭也と共に二度と悲劇を起こさないように暗躍する。
A's編ではプレシアと共にアルハザードへ飛んだため現在は行方不明。

備考:推定魔導士ランク:SSS+
メンテ
カーマインの魔法その1 ( No.11 )
日時: 2007/09/08 17:00
名前: 綾斗

・ククルカン

カーマインが専門的に扱う遺失魔法「神霊魔法」の一つ。
超高出力高濃度の魔力を外部に出力し、特定の形を取らせる神霊魔法によって顕現する神獣(怪獣でも可)。
初登場では全長3km程度だが、伸縮は自由自在。翼長100mを超える翼を複数持ち、30m四方の拳を持つ腕を14本持つ。
炎と風の魔力変換資質により、火炎旋風を行い、全身も燃え盛るは炎で構成されている。並の魔導士はその爆圧だけで軽く死ねるほど。
一種の人造生命体でもあるため、ちゃんと知能も有し、戦うごとに経験値を蓄えていく。魔法を同時に二つまで行使し、七つまでストックできる能力は反則。
名前はインカの神ケツァルコアトルのマヤ文明での呼び方から。
メンテ
ラリー=フォルク ( No.12 )
日時: 2007/09/08 21:34
名前: 綾斗

・ラリー=フォルク

リリカルコンバットにおける恭也の相棒にして親友、そして魔法の師匠。
ベルカ出身で凄腕として名を馳せる傭兵。飛ばされてきた恭也を拾い、魔法のいろはを叩き込んでくれた恩人。恭也と共に幾多の戦場を駆け巡り、戦い抜く。傭兵でありながら平和を壊し、くだらない利害のために人々の血を流し、犠牲を無駄にしようとする者達を激しく嫌悪している。反面、それもまた現実だと割り切ろうとしている。
侵略からの防衛戦争だったはずが、侵略に対する報復戦争と化していくことに疑念を持ち始め、禁呪『レディオアクティブ・ディトネイター』の発動を機に傭兵を抜けて『国境無き世界』へ参加し、高度になり過ぎようとしている魔法文明をV2で破壊し、新たな世界を構築するために戦う。
アヴァロン要塞の最終戦闘において恭也と死闘を繰り広げた末に撃墜され、7発の爆心地へ墜落。死の世界と化した地でもやり直そうとする人々の姿や、アヴァロンで見た人の心の光を見極めるために、傭兵として戦い続ける。
しかし、彼が空を飛ぶことは二度となかった。

推定魔導士ランク:SSS−〜SSS
メンテ
稲さんへの回答その1 ( No.13 )
日時: 2007/09/09 15:42
名前: 綾斗

>シモの外見
若いです。高位の魔導士は肉体活性が高いので老化速度が極めて遅いですし、恭也・カーマインと同じく不老なので、全盛期そのままの姿です。ただ、実在のシモ=ヘイヘその人の顔がそのままというわけではありません。

>スレイン
公式ページがまだ残っていますよ。

メンテ
りりすさんへの回答その1 ( No.14 )
日時: 2007/09/09 17:26
名前: 綾斗

>神速=ゼロシフト
魔法による神速【ロスヴァイセ】はマッハ30、マッハ100、マッハ220まで上がっていきます。最終的には【ロスヴァイセ・ドライ】でゼロシフトに近いものとなるでしょう。

>デバイスは何故英語?
それは私にも分かりません。機械的な印象を与えるためのギミックだったのかもしれません。
あまり深く考えず、原作設定をそのまま流用しています。英語が苦手なので苦労していますが、人間との会話と区別し易い利点はあります。
メンテ
玲さん&ラーカイラムさんへの回答その1 ( No.15 )
日時: 2007/09/09 20:57
名前: 綾斗

>レイヤード世界の少年兵問題
意外かもしれませんが、レイヤード世界は企業間の対立がありながらも、かなり裕福な世界です。かつての管理者の伝統を引き継ぐ形の企業勢力の庇護下に入れば、充実した社会福祉が受けられます。
確かに非人道的な所業が少なくないとは言え、ミッド世界のように表立って少年が荒事の対処に駆り出されることはありません。
きちんと訓練を受けた企業の私兵(魔導士など)が戦い、より高度な戦闘には傭兵(レイヴンのような存在)が投入されているため、子供の入る余地がないというのが実情。

>衛星砲
エクスカリバーとは直接関係ありません。衛星砲『スダルシャナ』は今現在でも稼動中で、地下都市にはまだ誰も到達していません。

>殺人のトラウマ
そのための非殺傷設定です。管理局の実働職員が相手を殺傷することはまずありません。相手を殺傷する場合の専門部隊がオヴニルであったり、フライトナーズだったりします。

>管理局の軍艦とアースラ
巡洋艦というのは、本来「外洋の航行能力を持つ船」です。その中でも砲戦に耐えうる装甲を持つ巡洋艦が軍用の巡洋艦と思ってください。
アースラは本来戦闘に特化したものではなく、遠い(距離ではなく跳躍に必要な魔力量が多いという意味)世界まで航行するための船です。それでも単独行動なのである程度の装甲はあります。
一般的に誤解されがちですが、老朽艦というのはこれ以上オーバーホールしても所定の能力を発揮できなくなったものを指します。プレシアが表世界にいた頃のアイディアが用いられた船ですから、そこまで旧式というよりも度重なる激務により、艦の消耗が激しく任務に耐えられないためと考えるべきでしょう。

>軍艦撃墜
撃墜方法は主に四つ。
・恭也のようなバリアを抜けるほどの魔導士の攻撃。
・並の魔導士がとにかく攻撃を続けてバリアを抜く飽和攻撃。
・対艦魔導兵器による攻撃
・艦船による攻撃
この四つです。現在、対艦魔導兵器はロストロギア扱いなので残り三つが主な方法になります。
ベルカ戦争当時は対艦魔導兵器や、防御を抜いてくるエース級がいたために簡単に見えたと思ってください。
メンテ
玲さん&ラーカイラムさんへの回答その2 ( No.16 )
日時: 2007/09/09 21:46
名前: 綾斗

>適性が必要なデバイス
インテリジェントデバイスは所有者以外の使用はできませんから、これも適性と言えるかもしれません。デバイスはその人に適性のあるタイプのものを使っているだけで、他のタイプのデバイスが使えないわけではありません。
恭也の[FALKEN][ADLER]。スレインの[D.T.B.][R.E.D.]は二人以外には絶対に使えません。

>ベルカ戦争のエースのデバイス
それは流石にありません。
ただ、彼らのデバイスは戦意高揚のために特注品でもありましたから、かなり高性能です。並の魔導士でさえ一流にしてしまうほどです。

>カートリッジシステム
ほぼラーカイラムさんの予想通りです。
ミッド式のデバイスを開発するメーカーにとってカートリッジシステムの導入は、我々で言うところのテレビが液晶テレビになるぐらいの技術革新です。
このために少なくない魔導士がテストに使われ、犠牲になっているのは公然の秘密。プレシアのお父さんはデバイスの安全性を優先する人で、カートリッジシステムの早過ぎる導入に反対して追放されました。

>聖王教会の影響力
原作の影響力がどれほどかは判然としませんが、リバースでは強いです。
管理局の統幕会議や理事委員会にも特別顧問として聖王教会の使節が入っています。

>管理局のスタッフ
基本的に志願制。スタッフになりたい者が士官学校へ入学し、最終的にスタッフへ。
ミッド出身が多いのは、社会における魔法の浸透具合が理由。管理局の認知度や、貢献したいという意欲もミッドのような中心的な世界ほど大きいですね。
ただ、管理局に加盟すると供出金を支払うことになりますが、支払えない場合はこれを人的貢献で補填することになるので、全てのスタッフが志願者というわけでもありません。
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail 入力禁止
URL 入力禁止
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存