トップページ > 記事閲覧
uppersの作品感想
日時: 2008/04/03 01:12
名前: uppers

仮投稿させて頂いておりますuppersです。

私の作品を読んで感想、批判、共感、描写などの様々な指摘をして頂けるお方。
そう、そこのあなた。
どんどん寄越して下さい。

ただ、荒らしだけは勘弁して下さい。(秘技・ジャンピング土下座)
メンテ

Page: 1 |

Re: uppersの作品感想 ( No.1 )
日時: 2008/03/31 16:24
名前: ホークス

どうも、こちらでは初めましてですね。

とても懐かしい思いをしながら、しみじみ読ませていただきました。
小鳥の真一郎への想いと、彼女自身の危うさが印象的です。
原作は本当におもし......もとい、可愛い子ですから尚更、心に残りました。
ううう、かわいそうですが、父親想いでいい話でした。

なんだか、またとらハ1をやりたくなりますねw

それでは、次回も楽しみにしています。
お仕事共々、上手く行くように願っています。
頑張ってください。
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.2 )
日時: 2008/04/01 01:28
名前: uppers

ホークスさん、感想ありがとうございます。

小鳥自身の危うさがホークスさんに共感して頂けるとは思ってもいませんでした。
私自身、原作をプレイしてから小鳥自身が抱える孤独、寂しさなど様々だと思いますが、感情表現が苦手な女性ではないかと思います。
人見知りなせいと幼い頃の母親との別離など感情を表現することが少なかったのではと考えました。
片親の辛さ、悲しさ、寂しさなどそういったものの心は私には計りしれません。
それに小鳥は強い訳ではないのに、我慢してしまいます。
幼い頃などはワガママを言うことは少なかったのではと私は思ったのです。
それから原作でのクリスマス前の事故、弓華との出会いと別れ。
そういったものが小鳥が最後に流した涙が全て溢れている気がします。

だいぶオリジナル要素入ってますが(笑)
原作じゃあそこまで母親はひどくなかったかもしれませんが、今回は過剰に書かせて頂きました。

しかし、さすが『お嫁さんにしたいキャラ』の人気No.1です。
つい、守ってあげたくなってしまいます。

あ〜私ももう一度したくなってきました。やる暇ないのに…

激励ありがとうございました。
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.3 )
日時: 2008/04/04 00:27
名前: uppers

え〜、こん〇〇は

uppersです。

今回の『〇〇の想いを〇〇へ』は仁村姉妹です。

送り手はとらハ2のぶっちぎりのNo.1の知佳です。
私自身も知佳は大好きなので、気付いたら結構量ありましたね(笑)

知佳は本編で語られなかったことを私が描いた話(妄想ともいう)で幼い頃の草薙家の様子ですね。
OVAでは蔵に閉じ込められていて、子供が遊んでいるのを見て逃げられるシーンぐらいでしたので大分脚色しました。

姉妹愛。
美しいですね。
私にも兄弟がいますので、多少なりとも知佳の気持ちがわかるのかもしれません。
次回はとらハキャラかリリカルにしようか迷ってます。
とらハなら美沙斗から美由希に
リリカルならアリシアからフェイトになります。

呼んでくれている人で待っていてくれるのがいるかわかりませんが(泣)
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.4 )
日時: 2008/04/13 19:46
名前: ホークス

感想を書くのが、遅れてしまったホークスです(汗
いやはや、今回は仁村知佳ということで、実に堪能させていただきました。
こういう、ちょっとシリアスなお話は個人的に好きですので、これからも続けてもらいたいと思います。

自宅での軟禁生活を余儀なくされた知佳の心情が、痛いほど切なく、その反面真雪が現れたときの嬉しさが溢れていますねぇ。
とらハ・リリなのを通しても、最も絆が強いのではないかと思うこの二人。
何度プレイしてもあきさせない魅了がありました(私は、7週したw)
そして、最後には気持をこめて一人づつの名前を……最後は恭也って、ひょっとして、ひょっとするのですかw
などと、深読みしながらも楽しませていただきましたw

では次回は、どっちになるのでしょうか?
個人的にはとはハに言ってもらいたいのですが、そこはuppersさんにお任せしますw
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.5 )
日時: 2008/04/17 21:39
名前: uppers

ホークスさん、知佳から真雪への想いの感想ありがとうございます。

途中は知佳の過去話(私の脳内妄想で自身へのとらハの補完)です。
知佳の心情が上手く表せているかが不安でしたが、ホークスさんにそう言って頂けると大変嬉しく思います。

私もシリーズ通して絆が強い二人だと思っています。
知佳の想いは最後に出てくる言葉に私は集約されているかと。若干セリフは違いますが、本編で知佳が真雪を抱きしめるCGで言っています。

私は3週しました。しかし、7週とはさすがです、ホークスさん(笑)
名前を呼ぶのが恭也が最後のは私用です。
ホークスさんみたいに深読みして頂けるなら私の狙い通りなのかもしれません。



さて、今回は美沙斗から美由希へ想いを紡ぎました。
私が勝手に考える美沙斗の過去話。
お楽しみいただけたのでしょうか?
皆さんの期待に少しでも答えられているのなら幸いです。

文中に出てくる琴絵さん、夏織さんについて色々と設定がありますので、いつか出したいと思います。
私は美由希が愛されて産まれたんだと思っています。
本編でも美沙斗と静馬がいかに愛しているかを述べているので、美由希への愛が上手く表せていると嬉しいです。

原作好きの私ですが、SSを書いていると原作の雰囲気を壊していないか不安です。しかし、書きたいものは書きたいので(笑)

次回はリリカルならば引き続き、アリシアからフェイトに宛てるもの。
とらハなら薫から恭也辺りになるかもしれないです。
リクエストはないですから私が勝手にやらせていただきます。
リクエスト来ないなぁ……
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.6 )
日時: 2008/05/10 22:00
名前: ホークス

うわぁ、美沙斗編の感想を書くのを忘れていました〜。
ううう、申し訳ない申し訳ない(土下座)
名誉挽回、今回は美沙斗編とも合わせて感想を

美沙斗編
美沙斗の独白からはじまる物語。
まずは琴絵さんの人物像がはっきりと、浮かびあがってきました。
こんな人物なら、美沙斗さんも本当に憧れたんでしょうね。二人はまるで姉妹のようですね。
次に恭也の出生……なるほど、夏織は不破の分家という解釈ですか、この語りもいずれ機会があれば読んでみたいものです。
静馬との話は…・・・サウンドステージとはまた違いますね。
原作とはまた違った静馬の美沙斗を想う気持ちが、綺麗ですねぇ。
この後、「雫ひとひら」をながしながらシンミリとしましたよw
最後に美由希…… 赤ん坊の彼女を通して、美沙斗は輝かしい未来を見ていたんでしょうね、なのにあんなことになってしまうとは……
本当に悲しいことであります。
受け止めたくない現実を、目に見える無残な光景に打ちひしがれる姿が、何とも憐れ。
次第に堕ちていく美沙斗。
けれども、それをすくったのは美由希。
この二人の人生って、すごく深いなぁと想うお話でした。
美由希にはきっと姿は覚えていなくとも、美沙斗と静馬の優しい気持ちが心の中で、生き続けていたのでしょう。
長文、お疲れ様でした。

アリシア編
幼いはずなのに、一生懸命お姉さんとしてフェイトに想いを伝えようとしている姿が、なんか可愛らしい。
きっと、彼女もプレシアが狂っていく姿に心を痛めていたのでしょう。
でも、本当の意味でプレシアのことを理解していた彼女は、血のつながった親子の強さを感じさせます。
フェイトにもそれが少しでも伝わっていて欲しいですね。
そして、リニス。
彼女もまた事件の被害者でありながら、アリシアの言葉が真ならば、最後の最後で彼女の魂は救われたのかな?
存在すら消えてしまったリニス……StSのワンシーンでフェイトがエリオたちに「えへんと、胸を張って……」、リニスの口癖がでたことに人知れず涙した私です。
最後にIFの世界は……うーん、難しい話です。
世界は優しくないけど、クロノが言っていた言葉が正しいとは思えない自分は、結構アンチかな?
こんなはずじゃないことばかりだけど、それでも運命に抗いたいという気持は大事だと私は思うのです。
とはいえ、夢を夢のままにしておくのはもったいないですね。
フェイトには、まだ見ぬ素晴らしい夢を現実のものにしてもらいたいです。
アリシアの世界に負けないくらいのねw
でないと、アリシアに笑われてしまいます。
今回のお話、是非フェイトに聞いてもらいたいですね。

以上、長文失礼いたしました。
感想は遅れるかもしれませんが、次回も楽しみに待っています。

メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.7 )
日時: 2008/05/16 22:10
名前: ライシン

えと、お久しぶりです?
なぜなにの方では少し書き込ませていただきましたがこちらの方では書き込みは初めてですね
遅ればせながら感想を

やはり、恋楯とのクロスは新鮮でいいですね(>ω<)
恭也と撫子会との会話も違和感なく良い感じでした
それに星野先生のキャラもw
ゲームの方でももう少し出番が欲しかったキャラでもあるのでこちらで出してあげて欲しいですw
今回有里は初登場ですがほかのキャラとの絡みは無し orz
恭也とどんな会話になるのか今から楽しみです

話はまだまだ序盤ですが最後まで書ききれるようにがんばって欲しいです
自分的には執筆のスピードも大切だと思いますが、何より完結させることが重要だと思いますんで

ではでは、これからも続きを楽しみに待たせてもらいます (・∀・)∩
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.8 )
日時: 2008/05/17 20:08
名前: uppers

》》ホークスさん、本当に感想ありがとうございます。


『私と静馬さんのたった一人の愛娘へ』について

》琴絵の人物像
はっきりと感じとれたと言って貰えると本当に嬉しいです。
琴絵の性格とかは作者によって大分異なりますから、私自身の琴絵が確立できていれば嬉しいです。
私の理想の女性像でもあります(笑



》恭也の出生
これも色々と諸説ありますね。未だにSS界じゃ作者によって大分違いますからね。
私としては不破の分家だという解釈にしました。
夏織が今生きてるかどうかは私も今はわかりかねます。
この辺りはオリジナルでいつか出せればと思います。



》静馬と美沙斗
静馬の話がサウンドステージと違うのは私がサウンドステージを聞いていないからです。
本来なら聞いてから書くべきなのかもしれませんが、いかんせんネットでさえ手に入りにくい状態であるのと金欠ですね……
いや、FINALは買ったんですけどね。単品で揃えるとなると金額が……

できたらホークスさんが言っておられるように「雫ひとひら」を聞きながら読んでもらえたらと思います。



》美由希を通して見たモノ
美沙斗は輝かしいモノだったのでしょう。
それがあんなことに……

本当なら次第に堕ちていく美沙斗を詳しく描写はするべきなのでしょうが、今回は敢えてしませんでした。
リレーSSではなくサイトに投稿する際には追加修正したいと思います。

美由希が両親を朧げにですが、覚えていたことは本編でもありますからこの二人の絆ってとらハの中でも強い方だと思います。
これからこの二人がどんな人生を歩むのかは人それぞれの想像ですが、私としては幸せでいて欲しいです。

美由希と美沙斗に幸あれ。





次に『もう一人のあたしへ』について


》アリシアとプレシア
アリシアの姿はA'sのままと考えてもらえたのは嬉しい限りです。
時系列としては六課解散してからと考えております。
アリシアは幼い姿ではありますが、生きてれば年齢はフェイトより上となりますので姉として想いを伝えようとしているのを感じとれたらと思います。

アニメ本編でカプセルにいましたけども、あの状態で仮死状態であればきっとアリシアには日に日に弱っていく母のプレシアの姿がたまらなく辛かったのではと思います。
そうした親子の絆が感じていただけて嬉しく思います。

フェイトには母親の想いが伝わっていて欲しいと思います。



》リニス
彼女はどうでしょうか?救われたのでしょうか?そのことは私が判断することはできないと思います。判断するのは皆さんです。
けれど、フェイトの中にリニスは残っているのだと思います。
ホークスさんがおっしゃる通りにエリオ達に伝えた言葉から感じとれるのではないでしょうか?



》IFの世界
こういった世論は賛否両論ではないかと思います。
ホークスさんのおっしゃる通りに運命に抗うという気持ちは大事でしょう。
私自身、運命なんてあまり信じてはいません。運命は自分で切り開いていくものだと思います。
一人一人が容姿も違えば性格も違う。考え方も違う。
そういった世界でどう生きていくかはその人によるでしょう。

確かにフェイトにはあの夢以上の夢をフェイトを大切に思う人達に見せて欲しいですね。
アリシアとプレシア、リニスが笑顔で見守ってくれるような夢のような世界を。



》長文の感想
いや、毎度のことながらありがとうございます。
感想いただけるだけで嬉しく思います。





》》ライシンさん、お久しぶりです。
なぜなにの掲示板ではご意見ありがとうございました。

恋楯のSS自体少ないですから新鮮なのかもしれません(笑



》恭也と撫子会
撫子会というよりはほぼ雪乃ですね。
四人の掛け合いが違和感なく読んでいただければ書いてる私としては大変嬉しく思います。


》星野先生
キャラ壊れてる気がします(笑
でも気に入ってもらえたらこの方向で進むかもしれませんね。
出番については……そうですね、本当は六人目の攻略キャラが非攻略キャラになってしまいましたから。
恭也が教師ですので、そういう掛け合いなどで出番は増えるかもしれないですね。


》有里について
これからですのでお楽しみを。



新社会人としてようやく仕事にも慣れてきましたので、少しずつ執筆は上がるかもしれないですね。
でも、やってないゲームが……。
最近『聖なるかな』が五周目に入りましたので、そちら優先になってしまう可能性も……。
とりあえず完結目指して頑張ります。
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.9 )
日時: 2008/06/07 03:03
名前: uppers

夜勤中ですが、手が空きましたので。

今回は『薫から恭也へ』お送りしました。

今回の薫の想い……
難産でした。
なにがって……まず、薫の話し方が難しい。
手紙みたいな形式にしてるもんだからどこでどうするのかがわかりませんでした。

薫の気持ちもどうしようかわかりにくいのかも……
まぁ、私から見た薫で恭也への想いを綴っている訳ですのでどうしてもわからないとこがあるかもしれません。
ご質問のある方はぜひレスを。

さて、次回は誰にするか全く決めてません。
候補はありますが……
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.10 )
日時: 2008/06/09 16:58
名前: ホークス

どうも、今回は薫編ですね。
さざなみ寮から久遠のところまで、薫の色々な思いと複雑な感情にしんみりといたしました。
退魔師という悲しいお仕事をしながらも、決して目を逸らすことなくまっすぐに生きてきた彼女の強さが表れていたともいます。
己の弱さを痛感したり、時には過ちを犯しそうになりつつも、それを支え、導いてくれる仲間の存在が凄く良くわかりますね。
その仲間というのも、みんな悲しいことを乗り越えてきた人たち。
悩み苦しみ、カッコ悪いことや、正しいことばかりでないからこそ、彼女らの人生が素晴らしいと思いました。
恭也もその一人であり、彼との出会いがまた一つ薫を強くしたと思いました。
なんだか、わかりづらい話になってしまいましたね(苦笑
ともかく、「普通でない」人間というのはいなくて、みんなそれぞれ大きな悩みと苦しみ、悲しみを背負い、そしてそんな仲間達と寄り添って生きているのだなぁと感じました。
今回も、大変面白かったです。 次回は……誰かな? いずれにせよ、期待しています
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.11 )
日時: 2008/06/19 23:11
名前: ライシン

剣楯読ませていただきました
なんだか早くもシスターが動きだしそうな雰囲気ですw
最後に書いてあった恭也の後悔はシリアスでの意味なのか、ギャグ的な意味なのか・・・なんとなく後者の気がするw
それでは、続きを楽しみに待たせていただきます
(>ヮ<)/
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.12 )
日時: 2008/06/24 23:18
名前: uppers

ホークスさん、毎度のことながら感想ありがとうございます。

薫の感情、心情は上手く
描かれていたでしょうか?
私としてはかなり不安です。
私が描く薫の人物像は様々です。
さざなみの中でも異端に位置する人でありながらも人間らしいと思います。霊を斬ることにより心を痛め、押し潰されようとも我慢して我慢して壊れないように心を殺してまで斬ってきた薫の心情は人間であるならば持っているものではないでしょうか?

なんだか自分でもよくわからなくなってきました。
薫が壊れそうな時に支えてくれたのが耕介であり、さざなみの皆であり、遠い思い出の中にいる恭也だったりするのだと思います。
またこのSSでは表せませんが、薫はとても可愛い女性でもあります。彼女が甘えられ頼れる男性はとても大きな存在なのではないでしょうか?

ホークスさんがおっしゃられる『普通』の人も『普通』ではない人も何かしらの悩み、悲しみ、を持って背負っているのです。この問題はSS内だけではなく、現実にも言えることです。
現実ではその悩みや悲しみを打ち明けられなかったり、背負いきれずに犯罪を起こることが特にここ最近多いですがなんとも嘆かわしいことです。
やはり仲間、家族など寄り添うような存在みたいなのが必要なのだと思います。

自分でもよくわからなくなってきました。
次回はさざなみ寮を支える二人で予定しております。どちらを欠けてもさざなみ寮としては機能しないでしょう。この二人がいてさざなみ寮と感じるのではないのでしょうか?




ライシンさん、剣楯の感想ありがとうございます。
シスターが動くかと言われたら今の段階はNOですね。原作を知っている人は誰が誰とかはわかるようにしていますが。
恭也の後悔は後々です。今はまだ影響しませんので。
言葉において様々な意味を持たせるようにしていますから今回はいい感じに期待を裏切ったのかもしれません。


それではこの辺で。
最近仕事が忙しくなってきたのと国家試験の勉強を始めないといけなぃなぁと感じてきたので今よりも更新速度は下がる可能性があります。なんとか今ぐらいのペースでやりたいのですが……
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.13 )
日時: 2008/09/30 22:34
名前: uppers

こんばんは。
このスレッドを立てさせていただいている uppers です。

このスレッドを見てくださる方で私の作品である『剣楯』と『想いを伝え』や企画SSなどの短編を楽しみにしておられる稀有な方々へ大変残念なお知らせがございます。

実は今朝、起きて携帯を見たらなにしてもディスプレイが真っ暗。
修理となりました。
そして、現在パソコンのネット環境もなぜか繋がらないという意味不明な状況の中で唯一データがあった携帯が壊れたために少しずつではあったのですが、『剣楯』と『想いを伝え』の次話が消えてしまったのでまたしばらくは投稿できなくなってしまいました。
特に『想いを伝え』は一話完結の連作だったために八割方は完成していたのに非常に悔やまれます。
本当にバックアップって大切ですね……

一応再度進めてますが、何分、試験が迫ってきてますので投稿するのは随分と先になってしまうことをお許し下さい。


もし『想いの伝え』か企画SSのリクエストを頂けるのならばペースはあがりますよ?
特に『想いを伝え』のリクエストを グッ!!
メンテ
Re: uppersの作品感想 ( No.14 )
日時: 2008/10/01 15:27
名前: ホークス

こんにちは、いつも楽しく読ませていただいております。
このたびは、えーっと、その、ご愁傷様です……

『想いを伝え』の続編を楽しみにしていた私としては、非常に真に残念なことになってしまいました。
私も経験があるのですが、本当にバックアップって大切です。
作品とは、作者の子供のようなものであり、それが消えるというのは身を引き裂かれるような想いであります。
無論、私だけかもしれませんが、ショックのあまりその日一日上の空でした(苦笑
ともかく、気を取り直してより素晴らしい作品に生まれ変わることを期待しております。

あと、リクエストと言われてずっと考えていたせいか、ずっとお伝えするのが遅れてしまったのですが……
よろしければ、フィリス・リスティ、そしてシェリーを交えて何か一作できないでしょうか?
誰が主役でも構いません、この三人の姉妹愛をテーマにお願いします。

それでは、頑張ってください。 応援しております。
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail 入力禁止
URL 入力禁止
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

   クッキー保存