このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
トップページ > 記事閲覧
黒衣(仮投稿)
日時: 2008/05/15 06:31
名前: テン

浩さんに許可を頂きましたので、暫くの間黒衣を仮投稿という形でこちらに投稿させて頂きたいと思います。

あくまで仮であり、落ち着いたらいつかは今までどうりに投稿したいとは思っていますので。
これも携帯からの投稿なので、少々見づらいかもしれませんがよろしくお願いします。
一章を分割して送っていきます。


目次

>>1-27 恭也編 四十二章

>>54-91 恭也編 四十三章

>>122-156 恭也編 四十四章

>>197-227 恭也編 四十五章

>>228-255 恭也編 四十六章

>>256-268 恭也編 四十七章

>>269-288 恭也編 四十八章

>>289-317 恭也編 四十九章

>>318-330 恭也編 五十章

>>331-340 恭也編 五十一章

>>351-367 恭也編 五十二章

>>368-382 恭也編 五十三章

>>383-394 恭也編 五十四章

>>414-433 恭也編 五十五章

>>434-457 恭也編 五十六章

>>458 恭也編 五十七章

>>459-480 恭也編 五十八章

>>481-503 恭也編 五十九章

>>504-532 恭也編 六十章
>>565-587 恭也編 六十一章

>>28-53 大河編 三十章

>>92-121 大河編 三十一章

>>157-196 大河編 三十二章

>>395-413 大河編 三十三章

>>341-350 外伝
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 |

Re: 黒衣(仮投稿) ( No.1 )
日時: 2007/12/14 01:31
名前: テン

恭也とリリィは次々と現れるモンスターたちを蹴散らしながら駆けていた。
このごろ一緒に自主訓練をしたり、実戦でコンビを組んだりと二人で戦うことが多かったためか、どうもこの二人は他の者たちよりもコンビネーションに磨きがかかっているらしい。さらに恭也がいることで、モンスターたちの待ち伏せや奇襲も察知することがきた。
そのため、数こそ多いもののモンスターに苦戦することはなかった。

「ほんとになのはは大丈夫なの?」

先ほどから現れるモンスターの数は異常だ。そのためなのはも同じような状況に陥っているのではないかと、リリィは恭也に声をかけた。

「…………」

もちろん恭也とて同じ心配をしている。むしろ心配というだけならば、リリィ以上にだ。
だが、

「大丈夫だ」

恭也はなのはを信じると決めたのだ。
今ここで合図が来たならば、未亜たちとの合流はリリィと先に行った大河たちに任せ、すぐさま恭也はなのはを助けに行くだろう。
しかし合図がない以上、恭也はなのはがちゃんと戦えている、無事でいると信じた。
未亜たちの無事が確認できたなら、すぐさまなのはの元に向かう。今はそれだけだ。
メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.2 )
日時: 2007/12/14 01:33
名前: テン

そして、そろそろ合流地点が見えるという時だった。

「リリィ、隠れろ」
「え?」

いきなり足を止めた恭也にリリィは驚き、何かを口にしようとしたが、その前に恭也はリリィを右手で抱き寄せ、廃城の柱の影に身を寄せて隠れた。
突然抱きしめられたため、リリィは怒りからか照れからか顔を赤くして叫ぼうとしたが、それすらも恭也は左手で彼女の口を押さえて止めた。
そして恭也は人差し指を立てて静かにと視線とともに告げ、さらにその指を村の入り口……つまり仲間との合流地点へと向けた。

「っ」

そこには確かに仲間たちがいた。
だがそこに余計なモノたちまで混じり、さらにその状況は見ただけでまずいとわかるものだった。
恭也たちから見えるのは、大河とカエデの後ろ姿と……その前方にモンスターに囲まれ、そのうちの一体であるリザードマンに剣を向けられている未亜とベリオ、リコの三人が身体を縛られて座っている。さらに未亜たちから少し離れた後方には十数匹のモンスターの群が控えていた。
つまり未亜たちは捕まり、人質になっているのだ。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 |