このスレッドはロックされています。記事の閲覧のみとなります。
トップページ > 記事閲覧
黒衣(仮投稿)
日時: 2008/05/15 06:31
名前: テン

浩さんに許可を頂きましたので、暫くの間黒衣を仮投稿という形でこちらに投稿させて頂きたいと思います。

あくまで仮であり、落ち着いたらいつかは今までどうりに投稿したいとは思っていますので。
これも携帯からの投稿なので、少々見づらいかもしれませんがよろしくお願いします。
一章を分割して送っていきます。


目次

>>1-27 恭也編 四十二章

>>54-91 恭也編 四十三章

>>122-156 恭也編 四十四章

>>197-227 恭也編 四十五章

>>228-255 恭也編 四十六章

>>256-268 恭也編 四十七章

>>269-288 恭也編 四十八章

>>289-317 恭也編 四十九章

>>318-330 恭也編 五十章

>>331-340 恭也編 五十一章

>>351-367 恭也編 五十二章

>>368-382 恭也編 五十三章

>>383-394 恭也編 五十四章

>>414-433 恭也編 五十五章

>>434-457 恭也編 五十六章

>>458 恭也編 五十七章

>>459-480 恭也編 五十八章

>>481-503 恭也編 五十九章

>>504-532 恭也編 六十章
>>565-587 恭也編 六十一章

>>28-53 大河編 三十章

>>92-121 大河編 三十一章

>>157-196 大河編 三十二章

>>395-413 大河編 三十三章

>>341-350 外伝
メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 |

Re: 黒衣(仮投稿) ( No.184 )
日時: 2008/05/22 06:55
名前: テン


この世界には携帯電話のような便利な機器はなかった。念話器という魔術道具に似たようなものはあるものの、貴重な代物であり、少なくとも恭也とリリィは所持していないし、幻影石などと違って使用に魔力を必要とするため、魔力がほぼ0に近い恭也は使うことができない。そのため直接会うしか連絡や報告などはできないのだ。
まあ、これはこれでやりにくいのだが、今は方法がない。

「わかったわ」

いつに会うか、今後の打ち合わせをし終えると、唐突にリリィは恭也から視線を離し、王都の風景へと目を移す。
その表情はどこか暗く、そして決意に満ちていて、恭也は訝しげに目を細めた。
そんな恭也に気付いていながら、リリィはまるで自らに言い聞かせるかのように言う。

「もし大河が救世主になったら……そばにいる私が殺すわ。仲間から突然攻撃されれば、救世主と言ってもさすがに隙ぐらい見せるでしょ」
「リリィ……」
「恭也がやるよりは確実でしょ。話からするとあなたはまだ真正面から救世主と戦えるほどの力はないみたいだし」
「それはそうだが……」
「うまくやるわよ」


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.185 )
日時: 2008/05/22 06:57
名前: テン


「そうではなくて、それは俺の役目だ。力のあるなしは関係ない。相手が救世主だろうとやりようはある」

もし大河を殺すことになったとしても、それはあくまで恭也の役目だ。それによって未亜たちに恨まれることも。
もちろんリリィの言うとおり、いきなり大河が救世主になったとしても、『今の』恭也にはそれに対抗するような力はない。だが、暗殺であろうと他の方法であろうとやりようはある。
相手が何であろうと、恭也は殺すということにかけてなら、誰にも負けはしない。どんなモノであろうが殺す方法などいくらでも思いつく。できるできないは関係なく、思考の中で殺し尽くし、それを実践する。その理はともかく、元より不破は殺すことに特化した存在なのだから。

「もしものときよ。あいつが救世主になったときの状況にもよるもの。私があいつのそばにいたなら私が殺すってだけ。それ以外ならあなたに任せるわよ。話を聞いただけでも、私だってどうやっても真正面から救世主と戦って殺せるとは思えないしね」
「……わかった」

納得はしていないが、これ以上その話を続ける意味をもたなそうなので、恭也は頷いておいた。


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.186 )
日時: 2008/05/22 06:58
名前: テン


それにリリィも頷いて返し、それから再び視線を恭也へと視線を戻し、どこか達観したような笑みを浮かべる。

「もし私が白の主だったとして、そして救世主になってしまったなら、あなたが私を殺して」
「お前……」
「可能性としてはそれほど高くないとは思うけど、一応ね。恭也に殺されるなら、それも悪くないって思うから」

いや、達観しているのではない。まるでそうしてくれれば嬉しいとでも、幸せだとでも言いたげな笑顔だ。
そんな笑顔を向けられ、恭也はやはり僅かに眉を歪める。

「…………」

恭也とて、できれば大河を殺したくはないし、白の主でも殺さなければいけない状況にはもっていきたくはない。大河も含めて、恭也が大切だと思っている人たちが、誰一人として欠けることなくこの戦いが終わる。それが恭也にとっての最善の結果。だが、それだけを求めていられる立場でもなかった。だから、最悪も覚悟していた。


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.187 )
日時: 2008/05/22 06:59
名前: テン


願っているだけでなく、最善を手に入れるために動いてもいる。だが、それでも最善を手に入れられるかはわからない。
だから、

「わかった。そのときは、俺がお前を殺す」
「ん。ありがとう、恭也」
「感謝されることではないだろう」

笑顔を浮かべてまま言うリリィに、恭也も苦笑を浮かべたのであった。


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.188 )
日時: 2008/06/05 05:59
名前: テン


二人はもう一度笑い会うと、自然と揃ってその視線を王都の風景へと移した。
そのとき強い風が吹き、リリィの髪を揺らす。それに彼女は鬱陶しげに髪を押さえた。そして風が収まると同時に、髪を整え始める。やはり恭也の前でボサボサな髪でなどいたくないのだろう。
手で髪を梳きながら、リリィは沈黙を打破するため、再び口を開く。

「ね、恭也はさっきの話どう思ってるわけ?」
「さっき?」

さっきと言われても、話自体かなり長いものであったため、リリィが言うさっきの話というのがどれかわからず、恭也は聞き返した。

「紅の精っていうのに聞いた話」
「いや、だから俺は信じているが」
「そういう意味じゃなくて、書の精霊とか、白と赤の主とか、破滅や救世主のこととか、紅の精とか、その主であるあなた自身のこととかの話よ。信じる信じないじゃなくて、それら自体をどう思っているのかってこと」
「そう、言われてもな」
「じゃあ、例えば救世主が言い伝え通りだと考えていたときは、救世主のことをどう思っていたわけ?」
「ふむ、救世主クラスにいたころということか?」


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.189 )
日時: 2008/06/05 06:01
名前: テン


「そう。まあ、救世主だからって何でもできるわけじゃないって言っていたけど、私たちの善し悪しは別にして、実際にほとんどのことはできるっぽいじゃない。それが本当に言い伝え通りに機能していたなら、万々歳でしょ」

やはりリリィとて救世主に未練があるのだろう。彼女の救世主になって仇を取りたい、破滅を倒したい、世界を守りたいという想いは決して嘘ではなかったし、軽くはなかった。そのせいで視野が狭くなっていた部分もあったが、彼女も今はそれを認めているし、ある意味ではそれだけ叶えたいことだったのだ。
だが恭也の口から出てきた言葉は、リリィの想像とはまるで違った。

「……舐めてるとしか思えんな」
「は?」

恭也の言葉が想像と大きく違い、リリィは思わず梳いていた手を止め、目を軽く開いて恭也を見る。
その反応に再び苦笑しながらも、恭也は語り始めた。

メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.190 )
日時: 2008/06/05 06:02
名前: テン


「救世主クラス……いや、救世主養成学校というあの学園にいたからというのもあるが、救世主への傾倒はリリィは特に顕著だったり、ベリオやカエデも救世主何かしらを感じていて、大河ですら救世主になることを求めていた。動機の純、不純は別にしてな。だから声に出して言うつもりはなかったのだが、救世主というもの自体、あまり気に入らなかった」

恭也は救世主クラスにいたころ、まだ大河たちの仲間でいられたころ……それほど昔とも言えないかつてを思い出しながら続けた。

「個人が世界を救うという時点で気に入らないし、世界やそこに住む命を舐めてるとしか思えなかった。もちろん似たような存在になるかもしれない俺が言えることではないのかもしれないが、これは元よりあった俺の本心だ。だからこそ元々俺は別に救世主にはこだわってなかった。もっとも最初から俺に救世主になれる資格があるとわかっていて、世界のためなんかではなく、それしか俺の大切な人たちを救う方法がなかったのなら、そんな考えなど捨てて、何がなんでも目指しただろうがな」


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.191 )
日時: 2008/06/05 06:04
名前: テン


個人に救われる世界など、本来はあってはならないのだ。個人が世界を好きにしていいわけがないのと同様に、たった一人の個人によって揺れ動く世界など間違っている。
個人が、世界やそこに住む全ての命を背負っていいわけがない。それはやはりその世界とそこに住む命を個人が握り、全てを左右する。そんなのは、恭也としては世界と数多くの命を舐めているとしか言いようがなく、ひどく傲慢に感じる。
指導者という形で個人が大局を左右させることもあるかもしれないが、それでもその下にいる者たちがいなければ、指導者など意味がない。そういう意味ではやはり、個人という力にも意味はない。
世界規模の出来事は、その世界全てでどうにかしなくてはならない。もちろんそれは理想論であり綺麗事で、その間に色々な思惑が入ってくるだろうが、それとてやはり個人だけの思惑ではないのだから。
それしか方法がないというのなら、恭也はそれを全否定することなどしない。だからこそ今彼はその傲慢な個人に近い場所にいる。それでも恭也個人としては気に入らなかった。

「万を越える敵を倒す一人なんていうのは、現実には存在しない」


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.192 )
日時: 2008/06/05 06:06
名前: テン


無論兵器を使えばその限りではないが、生身でそんなことができる『人間』など絶対に存在しないのだ。

「それが人間の限界なんだ。それ以上の力など、それこそ不要だ。余計な災いを呼びかねん。どうやっても過ぎた力は災いを呼ぶ。その力の善し悪しなど関係なくな」

その話を聞いて、リリィは『そうかもね』と静かに頷いた。
彼女自身、救世主になりたいと強く願ったのは、他人に任せられないというのもあったからだ。そう言う意味では、確かに恭也の言うことが理解できた。
恭也の一族は、一人で百人を倒すという技を持ち、そして実際に恐れられ、滅ぼされた。それはかつて断片的に恭也がリリィへと話したこと。そんな経験をしている恭也が語ったからこそ、彼女はさらに理解できたのかもしれない。
リリィの反応を見ながら、特に反論もないのというのがわかり、恭也は先を続ける。


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.193 )
日時: 2008/06/05 06:09
名前: テン


「大切な人たちだって、俺一人では守りきれない。そんなこと身にしみて理解しているつもりだ。例えば、俺の姉のような人は遠く離れた場所にいる。今だってそれこそすぐには駆けつけられない場所にいる。もちろん何かあったらどんなことをしてでも守るつもりではあるが、それでもすぐにはいけない。それはつまり、それが俺の限界だ」

限界のない人間などいない。時間や場所、能力……その限界がどんな種類のものであろうとだ。

「けど、その人の傍には、その人を守る人がいる。その人は俺の幼なじみなんだがな。彼女ならば、姉を守ってくれると思ってる。俺一人では限界でも、そういうふうに他にも頼れる人はいる。一人ではできないことを、二人、三人なら可能になる。人というのはそうものではないか? 人は群れてこそだと思う。それぞれがそれぞれの立場に立ってな」
「そうね」 
「そういう意味では、救世主にしろ、紅の主にしろ、人から外れている」
「だから恭也としては気に入らないし、人間を舐めてるとしか思えない、か」
「まあな」

メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.194 )
日時: 2008/06/05 06:11
名前: テン


もちろんそれはあくまで恭也の考えだ。恭也は相手が本当に間違ってでもいないかぎり、相手の考えや行動を尊重する。だからそんな自分の考えを学園にいたとき、リリィ以外には誰にも言わなかった。

「ふふ」
「ん?」

いきなりおかしそうに笑うリリィ。その彼女を見て、恭也は首を傾げた。

「何となく、恭也が紅の主っていうのに選ばれた理由がわかったような気がする」
「どういうことだ?」
「あんたは気にしなくてもいいわよ。もし救世主が言い伝え通りの存在だったなら、やっぱりそれになってたのはあんただと思うってだけ」

そんな言葉を聞いてさらに首を傾げる恭也に、リリィは軽く手を振って気にしないでと告げた。


そんな考えがあるからこそ、恭也はどんなに強大な力にも溺れない。そんな力を求めていないのだから当然だ。そしてそんな力を実際に手に入れても、元ある想いを捨てはしないし、歪めもしない。
彼はあくまで大切な人たちのためにだけ戦う。決して世界なんか背負わない。どんな力を手に入れようがそれだけは変わらないのだ。
だからこそ、その力を正しく使うことできるのだろう。そうであるからこそ、恭也は紅の主になれた。


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.195 )
日時: 2008/06/05 06:13
名前: テン


結局、世界を救えるような力を持つ者というのは、恭也のような人間なのだろう。リリィはそう思ったのだ。
もちろん彼が選ばれた理由はもっと違うところにあるのかもしれない。
それでもリリィはそう思う。

そんなふうに考えて、リリィは笑い続けた。
その笑みは、ここのところ沈みきっていた彼女が、本当に久しぶりに浮かべた心から明るい笑顔。先ほどまでの陰のある笑顔ではなく、本当に彼女自身の笑顔。
その横ではやはり恭也がしきりに首を傾げていた。
それを横目で眺め、リリィは思う。

(やっぱり私はあんたが好きみたいね)

それを今、言う気はない。

メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.196 )
日時: 2008/06/05 06:15
名前: テン


ただ今は、彼の力になろう。
まだ彼に心の底から信頼されたのかどうかは、よくわからない。だが彼が向かう先へと続く道を自分も作ろうとリリィは心に決めた。。
そして、その道の終着点に辿り着いたなら、そのときは……

(逃がさないから)

そのときリリィのもう一つの戦いが始まる。
きっとライバルが多いことであろうが、それは救世主を目指していたときと変わらない。目指すものが変わっただけなのだ。そのライバルたちとて蹴散らしてみせる。
それを思って、リリィはさらに笑みを深めた。

そんなリリィを見て、恭也は一瞬寒気を覚えたのだが、まあその寒気の原因を本当の意味で感じ取ることになるのは、当分先のことだろう。






三十二章 終


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.197 )
日時: 2008/06/30 05:45
名前: テン





三人の男女が荒い息で地面に倒れている。
辺りは鬱蒼とした森。その三人は樹木の間から差し込む光を受けながら、何とか上体を起こした。

「ぜー、はー……五戦中一勝四敗か」

唯一の男……大河は、息を整えつつ、額から流れる汗を着ている制服の袖で拭うのだが、次の瞬間には再び新たな汗が浮かび、意味をなさない。そもそも全身から汗が噴き出しているわけだから、額だけを拭っても意味はないのかもしれないが。
そして大河のぼやきにも近い言葉を聞いた残りの女性二人、カエデとベリオは、まだ息を整えていた。
カエデも大河と同様に全身から汗が滴っている。
ベリオは二人と比べれば身体を大きく動かしていたわけではないので、二人ほど汗は流していない。だが、精神力の消費が激しい彼女は、二人以上の疲労を見せていた。

「し、師匠、いつのまにこんなにも強くなられたでござるか?」
「ほ、本当に。二人がかりで一度負けてしまいましたし、残りの四回は辛勝でしたし」
「よ、良く言うな。そっちだっていつのまにこんな強くなったんだよ?」

メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.198 )
日時: 2008/06/30 05:47
名前: テン


息を整えながら半ば呆れたように言うカエデとベリオに、大河は再び地面に上半身を倒して寝転び、同じく呆れたように言葉を返す。
三人は学園の敷地とは思えない広大の森で、模擬戦を行っていた。それも大河対カエデ・ベリオ、二対一という普段の授業ではやらないようなチーム分け。それを五戦行ったのだ。
もちろん大河の負け越し。だが最初の一回だけは、大河が勝利した。それもほとんど相打ちのようなものであり、それこそ大河の辛勝であった。
残りの四戦に関しても、ベリオは辛勝と言うが、そこまでではない。二戦目こそ確かにベリオたちの辛勝と言ったところだが、その後の三戦はベリオたちはほとんど傷を負わなかった。対して大河は毎回ズタボロ、ベリオに回復してもらっていた。大河としては大敗と考えている。
しかし、実際に大河の粘りはかなりのものだった。二人を相手に長時間耐え続け、攻撃も繰り出していた。二人の驚きはそのへんから来たものであるし、最初に至っては敗北しているからだった。
だが強くなったというのは、何も大河だけではない。カエデとベリオの二人も、大河から見て強くなっていた。動き方や援護の仕方などが前とはまるで違う。

メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.199 )
日時: 2008/06/30 05:48
名前: テン


三人とも変化を上げればきりがない程だった。





第四十五章





何とか息が正常に戻った大河は、もう一度上半身を起こす。それに合わせてベリオとカエデも上体を起こした。
最後に深呼吸をしてから、大河は二人の言葉に答える。

「最初に勝てたのと、粘れたのは場所がここだったからだ。闘技場とかだったならすぐにやられてたよ」

大河の言葉は謙遜でも何でもない。というか大河は謙遜などする男ではない。だからこそ事実を述べている。
この森でもなければ、救世主候補随一のスピードを誇るカエデと、防御能力と援護能力に優れたベリオを同時に相手などできなかった。少なくとも相手が救世主候補二人という時点で、大河に限らず勝てる人間などそう多くはないだろう。
まあ大河は、何かそれでも勝ってしまいそうな男……それも召喚器なしで……を一人知っているが。

「そういえば大河君、木なんかをうまく使っていましたよね」
「まあな。ここでいつも恭也と戦ってるから、いつのまにかそういう障害物を扱うのが癖になってるみたいなんだ」


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.200 )
日時: 2008/06/30 05:50
名前: テン


言ってしまえば、ここは大河のフィールドだ。ここですでに何度も恭也と戦闘訓練を行ったため、状況の把握や利用がしやすいのだ。木の間などを縫うように移動して、二人の視界から消えたり、木を盾にすることで二人の進行を防いだりしていた。
ただ、それもまだまだ未熟だと大河は認識している。なぜなら、このフィールドを己以上に有効活用する男を知っているから。大河のはそれを見様見真似にしたにすぎなかった。
実際の所、彼がそうするようにし向けたのだが、大河はそこまでは気づけない。

「まあ恭也の方がすんげえ使い方してくるけど」
「すごいとはどのような使い方でござるか?」
「俺がさっきやったようなのは当然として、枝やらなにやらを足場にするのは朝飯前みたいにこなす。さらには短時間で罠しかけたり、いきなり上から降ってきたり、藪の中から飛び出てきたり……あいつ、ゲリラ戦も得意そうだよなぁ。そういえばそのへんは亡くなった親父さんに対抗するために覚えたとか言ってたな」
「……どういう対抗なんでしょうねぇ」
「……食料争奪戦のためではないでござろうか」
「……サバイバル技術もそのためなんだろうなぁ」


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.201 )
日時: 2008/06/30 05:52
名前: テン


前に恭也に聞いた彼の父親の奇行を思い返しながら、三人はどこか遠くを見つめた。
それはここにはいない恭也へと向ける明らかな同情の目。死に物狂いで恭也が父親から食料を奪い取るために、ゲリラ戦やサバイバル技術を学んだかと思うと涙さえ浮かんでくる。
ある意味英才教育の賜物であろう。

「ま、まあ、俺の場合はそんな感じだ。場所の有利ってやつだよ。他の場所ならとっととやられただろうし、実際二戦目以降はあまり通じなかったし」

大河は話を変えるようにして言いながらも、それでそっちは、と目で問う。

「拙者は老師の動き方を参考にさせてもらわせているでござるよ。何度か教授して頂いたりもしたでござる。老師の動きは拙者が理想とする動きに近い所がある故」

それを聞いて、大河はなるほどと頷いた。
確かに先ほどの試合でのカエデの動き、戦い方は今までと少し違った。接近戦をしかけようとするのは一緒だが、今までのようにスピードによるごり押しだけではなく、たまにそのスピードに強弱をつけ、トリッキーな動きを見せることがあったのだ。その動きはまだ稚拙ながらも、確かに恭也と似通う所があった。


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.202 )
日時: 2008/06/30 05:55
名前: テン


そして大河がベリオを見ると、彼女は少し苦笑して語る。

「私の場合はなのはさんや未亜さん、リリィ、リコたちと援護の仕方なんかについて色々話合ったりしてるんですよ」
「へー、そんなことしてたのか」
「ええ、あと恭也さんや知佳さん、耕介さんにも少し助言してもらったりもしましたけど」

話し合いや助言を聞くだけでなく、かなり訓練も重ねたのだろう、ベリオの援護能力は格段に上がっていた。
攻撃魔法は、前衛のカエデに邪魔にならないように、威力や速度が考えられ、絶妙なタイミングで障壁を張ってカエデを守ったり、大河の進行の邪魔をしたりしていた。
そのおかげで一度だけ、大河は情けない負け方をした。大河が飛び上がろうとした瞬間、ベリオは彼の頭上に障壁を展開させたのだ。それに気付いたものの、大河は飛び上がる勢いを止めることがでぎず、頭を強かにぶつけ、悶絶。
何度思い出しても情けない上に恥ずかしいと、大河は僅かに頬を引きつらせながらも、先ほどから上がっている名前を再び口にする。

「っていうか、恭也大活躍だな。全員に絡んでるし」
「そうですね」
「老師は弟子もいるということでござるから、教え方もうまいでごさるよ」


メンテ
Re: 黒衣(仮投稿) ( No.203 )
日時: 2008/06/30 05:57
名前: テン


恭也の弟子というのは、大河もたまに聞く。才能という意味では、自分を大きく上回り、今も着実に強くなっていると恭也は語った。

「その恭也自身も強くなってるってんだから、とんでもないよなぁ」

そう、何も恭也は他の者たちにかまけているだけではなく、自分自身の修練も忘れない。そして膝が治ったことによって、その戦闘能力は格段に上がっていた。
何より、恭也にとって今の環境はなかなかのものだった。座学で学ぶことはほとんどないと言っていいが、実技は周りが救世主候補であるため相手のレベルが高い。もちろん皆技術は荒削りで、彼と比べてしまえば稚拙ではあるが、その単純な強さは恭也よりも上だ。
多くの強い者と戦えるという今の環境は、恭也にとっても大きく成長できるものになっていた。

「一対一だと未だにあいつには一度も勝てねぇし」
「そう、なんですか?」

大河の呟きに、ベリオとカエデは目を丸くした。
二人が驚くのも無理はない。大河は確かに強くなった。それこそこの世界へと訪れた頃と比較すれば雲泥の差だ。その大河が一度も勝てていない。


メンテ

Page: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 |